Vtuberになるために自分が必要な機材をリスト化してみた!&キャプボを選んだ話

スポンサードリンク

いよいよ動き始めたリア・プラナ。

ですが、ココからもまだまだやることがあります。

 

いちばん重要な、機材の話です。

 

現時点で手元にあるものを見てみると、

  • PS4やswitchといったゲーム機
  • オーディオインターフェイス
  • PC
  • ウェブカメラ
  • スマホ(iPhone)

こんなところがあげられます。

 

対して、無いものとしては

  • キャプチャボード
  • 放送に適したマイク
  • マイクを設置するスタンド

このあたりがあげられます。

スポンサードリンク

VTuberになる決断につながったのは「キャプボ」

というわけで色々と価格を見つつ二の足を踏んでいた筆者ですが、

ある日、中古のキャプボを見つけました。

 

それは「Monster X U3.0R」。


SKnet USB3.0 HDMIビデオキャプチャー/PS4,Nintendo Switchでゲーム実況 MonsterX U3.0R SK-MVXU3R

 

今や懐かしの雰囲気さえ漂う、定番キャプチャボードですね。

これが税込み9000円を切ってきたので、これで勝負と動き始めたのです。

 

なぜいまさらMonster X U3.0Rなのか。

理由は単純です。

「フルHD以上の環境を揃える予定がないから」

これにつきます。

 

PCモニターも1920*1080。

PS4はプロではない。

4Kモニター買う余裕もない。

なので、2Kネイティブなら問題なかったわけです。

 

VTuberになる際、ある意味このキャプボ発見が、かなり後押しをしてくれたという部分があります。

そこでいそいでマイクとか調べ始めたんですよ。

 

というわけで、次回はマイクとマイクスタンド・ジョウント・ポップガードと見ていきたいと思います。

 

記事は以上となります、お読み頂きありがとうございました!

管理Twitterはこちら!主に更新情報を配信しています。

管理人Twitterはこちら!普段のつぶやきはこちらで行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました